言葉の最近のブログ記事



「光陰矢のごとし」とはよく言ったもので、気持ちの上では昨日学祭があったと言われてもそんなに違和感がない。


遊びに来てくれた人への感謝とか、それを見ながら感じた嬉しさ。


持てる限りを尽くせなかった悔しさとか、準備に遅れたために空いた穴が吐き出す喪失感。


プラスに作用する気持ちだけじゃない。学生会とのやりとりで生まれた不快感もある(それだって反面教師にすればマイナスじゃなくなるが)。


一般的な良し悪しは別にして、感情が生々しく「そこにある」という現実感。


そういうものが積み重なって人それぞれの厚みを作っていく。それってある程度素敵なことだと思う。


だとすると、今私は充実しているといって差し支えないかもしれない。その一瞬だけ見れば浮き沈みはあるけど、長いスパンで考えれば自分自身の意外なほどの成長に驚かされるに違いない。



あの好きだった映画は今になって流行りだした


懐かしくて嬉しくて


きっと寂しくもなるはずさ


僕も時計も少し狂ってる


進んだり 遅れたり


いつも 今より似合う場所が


どこかにあるような気がしてる


ICE PICK - the pillows

今年の大晦日は楽しみだな、と思う。





誰に何を言われても 構わない 怖くない


寂しくても急がない


そんな風にすごしたい


そんな風にすごしたい - the pillows


震えが止まらないのは壁を越えたいから


涙が溢れ出したのは本気の証拠さ


誰もが平気な顔してても


マネすることはないんだよ


BOYS BE LOCKSMITH. - the pillows


君の夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ


風の強い日を選んで走ってきた


飛べなくても不安じゃない


地面は続いてるんだ 好きな場所へ行こう


君ならそれができる


Funny Bunny - the pillows

| コメント(0) | トラックバック(0)




377 名前:名無し検定1級さん[sage] 投稿日:2007/10/06(土) 19:42:46


>>350


日本はブータンじゃない。同じことをしていたチベットは滅んだ。現保護国のインドも昔植民地だった。


自国をブータン見たいにしようとしていた文革やポルポトはおびただしい死者をだして失敗した


確かに足るを知るというのは大切だ。あまりに不相応な欲求は挫折感と無気力を残す


しかし成長もまた大切。現状を維持するには走り続けないといけない


スロ-ライフうんたらは引退した団塊あたりが言い出してることなので


若い俺たちが真似すべきことじゃない。


no title




いつの間にか僕の胸の中に濁った水溜りができた


思い出したくない影


沈めて隠して 見ない癖がついた


Going Down - the pillows


誰かの噂を真に受けてもいいことなんてないぜ


そんな当たり前のことつまづいて


期待外れの人ごみの中


溜息ついてずっと立ち止まってる


(中略)


乗り損なった船を忘れて自分で泳ぎだしてみれば


向こう岸はすぐ見えてくる


背の届かない川が怖くて誰かを待ってたって


進めないだろ


Curly Rudy - the pillows

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち言葉カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリは読書です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.32-ja