Subversionでツリーコンフリクトを解消する

| コメント(0) | トラックバック(0)

Subversionでのコンフリクト

Subversion 1.6以降だと、コンフリクトが2種類に拡張されているらしい:

  1. ファイルコンフリクト
  2. ツリーコンフリクト

ファイルコンフリクトは普通のやつで、よく知られているほう。同じファイルの同じ行が変更された場合に起きる。

ツリーコンフリクトというのは、ファイルの存在そのものについてのコンフリクト。以下の場合に起きる:

  • HEADでは削除されたファイルに対して、変更をコミットしようとした
  • HEADでは更新されているファイルに対して、削除してコミットしようとした

ファイルコンフリクトだけの時代にはこれは検出できなかったそうな。

ツリーコンフリクトの解消

なぜか解消方法があまりWebにないけど、手動で変更を適用したあとに svn resolve すればいいっぽい。

$ svn resolve --accept working conflicted_file

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tnzk.org/mt/mt-tb.cgi/300

コメントする

このブログ記事について

このページは、tnzkが2009年12月12日 17:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SyntaxHighlighter for Movable Typeをインストール」です。

次のブログ記事は「mugeneをFedoraにインストール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.32-ja