Tracプロジェクトごとに.htpasswdを使い分けようと思ったら挫折

| コメント(3) | トラックバック(0)



今のところ/trac以降すべて同じ.htpasswdで認証しているので、プロジェクトごとにアクセスを制御することができない。


trac.confでは、



<locationMatch "/trac/[[:alnum:]]+/login">
AuthType Basic
AuthName "trac"
AuthUserFile /var/www/trac/.htpasswd
Require valid-user
</locationMatch>

となっていて、:alnum:?がプロジェクト名になることが想定されてる。


タグつき正規表現が使えたら



<locationMatch "/trac/([[:alnum:]]+)/login">
AuthType Basic
AuthName "trac"
AuthUserFile /var/www/trac/$1/.htpasswd
Require valid-user
</locationMatch>

って感じでいいと思ったんだけど、どうやら使えないっぽい。


どーしようかなー。


2009/2/11 14:40 追記


とりあえずプロジェクト名決め打ちで対処。そのうちどうにかしたいなー。



<locationMatch "/trac/portal/login">
AuthType Basic
AuthName "trac"
AuthUserFile /var/www/trac/portal/.htpasswd
Require valid-user
</locationMatch>

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tnzk.org/mt/mt-tb.cgi/250

コメント(3)

うちは、パスワードファイルはすべて共通のファイルを使用、Tracのアカウント管理機能でプロジェクトごとに調整をしてます。SubversionのほうはAuthzSVNAccessFileで細かに管理可能なのでそちらで。

ほほー、そういった手もあるのですか。そっちのほうがスマートそうですし、調べてみます。情報ありがとーです!

自分はあえて個別に管理しています。お客さんや一時的な増員メンバー社などあるプロジェクトにだけアクセス権がある方が望ましいというケースもあり、confとかをまとめて作成できるスクリプト書いた方が望ましいって結論です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、tnzkが2009年2月11日 14:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MODx管理ページへのログイン時にTracへのログインを要求された」です。

次のブログ記事は「Location in Signetureは日本では使えない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.32-ja