GraphEditの行方について

| コメント(1) | トラックバック(0)



f:id:Tnzk:20080718143756p:image:right:small


GeekぺーじなどでDirectShowを用いたプログラミングの際に入門例として取り上げられるGraphEditというアプリケーションが行方不明になっていた事件で、現在GraphEditはPlatformSDK/Bin/graphedt.exeにあることがわかりました。


居場所を通報したのはfenrirという検索型ランチャーで、同ランチャーによる先頭一致検索によって居場所が判明したとのことです。


警視庁は「fenrirがあればたいていのアプリケーションがキーストローク5つ以内で起動できるので、Windowsユーザの人はfenrirをインストールしてデスクトップをまっさらにしてほしい」と発表しています。ただしid:rosylillyは同様のカスタマイズを施したPCを他人に触らせた際「使いにくっ」と罵声を浴びせられているので注意が必要とのことです。


なお、GraphEditが見つからず停滞していたid:Tnzkの開発は今回の件により再開されるはずですが、現在は積み本(主にエロ漫画)の消化中だということです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tnzk.org/mt/mt-tb.cgi/202

コメント(1)

DirectShowってPlatformSDKに移されたような。だから見つからなかったのも無理はない。

コメントする

このブログ記事について

このページは、tnzkが2008年7月18日 14:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世界最初のプログラマはビル・ゲイツ」です。

次のブログ記事は「ふと気づけば自分の自由にできる鯖がなかった!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.32-ja