Ubuntu8.04でP3が起動しない

| コメント(4) | トラックバック(0)



この辺参考に入れてみたのだけど、



起動しない。


具体的には、



  • Synapticからsun-java6-jreをインストール

  • P3 3.05 を落として、 java -jar PeraPeraPrv.jar してみた


すると、



Exception in thread "main" java.lang.UnsupportedOperationException
at gnu.java.awt.peer.gtk.GdkGraphicsEnvironment.getAllFonts(libgcj.so.81)
at PeraPeraPrv.makeFontList(PeraPeraPrv.java:1038)
at PeraPeraPrv.<init>(PeraPeraPrv.java:920)
at PeraPeraPrv.main(PeraPeraPrv.java:4975)

と言われる。なんでだろー。もうちょい調べてみる。


何かわかる人は教えてくれると嬉しいです('A`


追記


id:bose999さんのコメントに沿って、



/usr/bin/java -jar /置いてあるパス/PeraPeraPrv.jar

を試してみた。



tnzk-desktop% /usr/bin/java -jar ~/bin/P3_3_05/PeraPeraPrv.jar
Exception in thread "main" java.lang.UnsupportedOperationException
at gnu.java.awt.peer.gtk.GdkGraphicsEnvironment.getAllFonts(libgcj.so.81)
at PeraPeraPrv.makeFontList(PeraPeraPrv.java:1038)
at PeraPeraPrv.<init>(PeraPeraPrv.java:920)
at PeraPeraPrv.main(PeraPeraPrv.java:4975)

結果は同様。id:bose999さんごめんなさい('A`;


問題になっているgnu.java.awt.peer.gtk.GdkGraphicsEnvironment.getAllFontsというのはこいつっぽい。システムで利用できるフォントの一覧を返すらしい。


で、例外であるjava.lang.UnsupportedOperationExceptionのほうはこいつのようで、



要求されたオペレーションがサポートされていないことを示すためにスローされます。


UnsupportedOperationException (Java 2 プラットフォーム SE v1.4.0)

こういうときに起きるらしい:



配列は要素数の変更ができないため、変換後のListに対して、要素数の変更を行う動作(add、remove、clearメソッドの実行)を行うと、例外(java.lang.UnsupportedOperationException)が発生します。


@IT:Java TIPS -- 配列とコレクション間の相互変換を行う

つづく(かも)。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tnzk.org/mt/mt-tb.cgi/197

コメント(4)

/usr/bin/java -jar /置いてあるパス/PeraPeraPrv.jarで、私は3.05を起動してます。

ありがとうございます!試してみますー

自分もたった今、この問題に突き当たりました。Debian lennyですが、構成はそちらのUbuntuと近いかと推測します。明らかにworkaroundですが、gcjまわりを全部消した(=libgcj.so.81を使わないようにした)ら起動はできましたよー。

僕もたった今Debian lennyでこの問題に直面しましたww。javaの場所が間違ってる(/usr/bin/javaのままになってる)のが問題なので、PATHをいじって、which javaした結果が/usr/lib/j2***-sun/bin/javaになるようにすればよいです。そしてこれから僕は文字化けを修正します。

コメントする

このブログ記事について

このページは、tnzkが2008年6月 8日 21:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Pythonプチ勉強会@鳥羽商船高専」です。

次のブログ記事は「高専カンファレンスに行ってきた!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.32-ja