2008年6月アーカイブ



世界最初のプログラマは誰ですか?- goo Wikipwdia 自然文検索


なかなか人間らしい間違いをしてくれて素晴らしいですね。


IT戦士って誰?という質問に対してはこんな答え:




  1. BATTLEFIELD OF

  2. レイ・ユウキ

  3. 武内直子

  4. ATV・TUY

  5. プラモ狂四郎


IT戦士って誰? - goo Wikipwdia 自然文検索

5位にプラモ狂四郎がランクインしている辺りが切ないです。




中学生向けの科学技術体験講座である『サイテクランドin鳥羽商船』というイベントを、僕の通っている学校が開催するらしい。


中学生向けということで非常に素晴らしいと思うのだけど、ひとつだけ言いたいことがあるのでここで書いておきます。日程について。




  • ロボットコンテスト入門

  • 太陽電池で動く手漕ぎボートを作ろう

  • LEGOでロボット製作

  • 歩行ロボットを作ろう

  • インドアプレーンを作ろう

  • 風に向かって走る車を作ろう

  • おもしろ理科実験「電磁ブランコを作る」

  • おもしろ理科実験「ゴムの化学」


404 Not Found

なぜゲーム製作がないんだー。




今週の頭、学校でC/C++のプチ勉強会を行った。ほとんど突発だったので、喋ったのは僕とid:yaakaitoのふたりだけに留まったが、聞く人を含めると6人の参加ということで、前回のPy会よりも参加者は増えていた。


そのときの発表はこちらから見ることができます。タイミング悪くid:yaakaitoの発表中にチャイムがなってしまっています。


話は変わって、『TechTalk@Toba』という継続的な発表会をはじめようと思っています。思っていますというか、主催はid:yaakaitoなので「はじめようと思っている」のは彼です。「TechTalkとは大きく出たな」とお思いの方もおられるでしょうが、今回はその高度さよりもその自由さを真似ていきたいと思っています。もちろん内容も高度になるようにしていきたいとは思っていますが、学校全体から参加者を募るつもりなのでその辺りの予想はまだつきにくいところで、僕としても楽しみです。


月2回、第二・第四水曜日に開催する予定で、記念すべき(笑)第一回目は6月25日です。


Ustなどもしようと思っているのですが、そこでひとつ憂っていることが。参加者にUst可否をそれぞれ決めてもらうつもりなのですが、参加者のほとんどが学生かつ初発表者ということで、もしかするとUstできる発表がほとんどなかったりして……ということ。


何かいい手を考えないとなー。




6/25、渋谷Unohオフィスで開催された高専カンファレンスに参加してきました!


懇親会に出席できなかったのが残念でならないのですが、「トラックバックを送るまでが高専カンファレンス」ということで、僕はここ数日高専生のみんなとつながったまま学校に通っていて頭がフットーしそうでした。


発表者のみなさんと、発表の内容はこんな感じ。




  • むらやま(鳥羽商船高専):できる新卒ITエンジニアになる10の方法

  • bto (新居浜高専) : 俺と高専

  • Tnzk(鳥羽商船高専,学生): 中学生のみんなは高専へおいでよ!

  • bxchaki(北九州高専,学生):高専 meets はてな

  • いがいが(群馬高専):高専流英語攻略法

  • おびなた(長野高専):高専カンファレンス宣言

  • sohei(苫小牧高専):高専卒のキャリアを考える

  • ゆきのぶ(茨城高専):コンピュータを一から作る

  • kawataso(長野高専) :P2Pな何かの開発とか運用とか


高専カンファレンス Wiki

みなさんとても面白かったり、ためになる内容ばかりで、中学生もいないのに中学生向けの発表をした自分が切ないです(笑


個人的には深く考えさせられたのが、id:bxchakiさん、ゆきのぶさんの発表。


僕やid:yaakaitoは情報系の授業か受けたいのだけど、僕らの学科は3年生には機械系、電気・電子系の授業しかないということでいつも文句を垂れていて、理屈じゃ何かの役に立つのだろうとは思いながらも「気が乗らないなあ」と憂鬱な気持ちで講義を聞いていた。


それらを修めていくことで、現代のコンピュータが生まれていく歴史を追体験できることはわかるし、それらから一台のコンピュータを作り上げることも可能だとは考えることはできた。それでもそれはやはり漠然とした形しか持っていなくて、僕らのイマジネーションの欲望を満足させるには到底足りようはずがなかった。


ゆきのぶさんの『コンピュータを一から作る』は、そういう想いを抱えていた僕には非常に刺激的に作用してくる発表だった。彼が高専で習ったという電磁気・化学・物理学・論理などのコンピュータを構成する一連の要素が、今僕の通う学校のカリキュラムととてもよく似通っていたというのもある。「あれはあーいうことだったのかー」「これからこうなるのか」という話の概観を観ることができたのは単純にうれしかったし、そのうち電子素子から自作PCとかしたいなーとか妄想させられるほどだった。


同じように、id:bxchakiさんの『高専 meets はてな』でも、情報系の仕事を求めて入ったはてなの、うすら寒いサーバ室でアルミ板と格闘していたという部分でぐっときた。「アルミ板金」という響きと口調、雰囲気や流れという非常に高専的な理由で笑い声が上がった(僕もそのひとり)けど、内心じゃ感動していた人がほとんどのはずだ。


変な話、人生どこで何が起きるかわからないし、いつ何が役に立つかわからない。そういう意味じゃまだ工学という意味では近い情報技術と機械工学でさえ、それらが結びついたときには偶然じゃない、運命めいたものを感じるし、だからこそ機械系の授業もしっかり聞くべきだなーと思った。


やはり高専生が持つバックグラウンドは学校が違ってもかなり似通っていて、加えてそれぞれ違った歪み方をしているから、こうやって30人も集まると個性的でいて多種多様という不思議な空間になる。高校受験生の間ではあまり認知度の高くない高専の存在感を高めるためにも、高専カンファレンスは何度も続いてほしいし、そのための手伝いなら絶対したいと思います。


そういう意味で、同じ学校の卒業生であるむらやまさんがWikiの提供という形で貢献されていることに尊敬かつ羨ましい気持ちです。僕も後輩にああいう姿を見せられるようになりたい。


第一回を見事に成功させてくれたおびなたさん(id:earth2001y)やbtoさん、参加者のみなさん、楽しい高専カンファレンスを本当にありがとうございました!


第二回の声もちらほらと上がっているようなので、もし関西での開催になりそうなら僕もぜひお手伝いしたいです!




この辺参考に入れてみたのだけど、



起動しない。


具体的には、



  • Synapticからsun-java6-jreをインストール

  • P3 3.05 を落として、 java -jar PeraPeraPrv.jar してみた


すると、



Exception in thread "main" java.lang.UnsupportedOperationException
at gnu.java.awt.peer.gtk.GdkGraphicsEnvironment.getAllFonts(libgcj.so.81)
at PeraPeraPrv.makeFontList(PeraPeraPrv.java:1038)
at PeraPeraPrv.<init>(PeraPeraPrv.java:920)
at PeraPeraPrv.main(PeraPeraPrv.java:4975)

と言われる。なんでだろー。もうちょい調べてみる。


何かわかる人は教えてくれると嬉しいです('A`


追記


id:bose999さんのコメントに沿って、



/usr/bin/java -jar /置いてあるパス/PeraPeraPrv.jar

を試してみた。



tnzk-desktop% /usr/bin/java -jar ~/bin/P3_3_05/PeraPeraPrv.jar
Exception in thread "main" java.lang.UnsupportedOperationException
at gnu.java.awt.peer.gtk.GdkGraphicsEnvironment.getAllFonts(libgcj.so.81)
at PeraPeraPrv.makeFontList(PeraPeraPrv.java:1038)
at PeraPeraPrv.<init>(PeraPeraPrv.java:920)
at PeraPeraPrv.main(PeraPeraPrv.java:4975)

結果は同様。id:bose999さんごめんなさい('A`;


問題になっているgnu.java.awt.peer.gtk.GdkGraphicsEnvironment.getAllFontsというのはこいつっぽい。システムで利用できるフォントの一覧を返すらしい。


で、例外であるjava.lang.UnsupportedOperationExceptionのほうはこいつのようで、



要求されたオペレーションがサポートされていないことを示すためにスローされます。


UnsupportedOperationException (Java 2 プラットフォーム SE v1.4.0)

こういうときに起きるらしい:



配列は要素数の変更ができないため、変換後のListに対して、要素数の変更を行う動作(add、remove、clearメソッドの実行)を行うと、例外(java.lang.UnsupportedOperationException)が発生します。


@IT:Java TIPS -- 配列とコレクション間の相互変換を行う

つづく(かも)。


このアーカイブについて

このページには、2008年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年5月です。

次のアーカイブは2008年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.32-ja