熱くて吐き出した愛も いつかきっと飲み干せるさ

| コメント(0) | トラックバック(0)



昨日のエントリに書いたとおり、整理しようと思う。


脱ぬるま湯


自分でも知らないうちに、私は相当のぬるま湯の中にいたらしい。それが生んだ結果についてはこのところ多々痛感するところ。きたみりゅうじが何かの本で書いていた「ゆでがえるの法則」の、まさにその通りだったわけだ。


ぬるま湯からは脱しなければいけない。薬なしに健康を保てないのは体だけでいい。もっと訓練を積んで、良いコードを書き、良いソフト・面白いゲームを作れるようにならなければ。そのための場としてSCTを活用するべきだ(SCTもあまり芳しい状況ではなくなってきているけど。そのことについては後述)。


お世話になった方々


今回の件で、同世代にすごい人がたくさんいて、そういった方々と知り合うための手段としてこの手のイベントを利用することもできるということを知った。


様々な人と知り合えたけど、特にid:lonlon2007さんのブログは以前から拝見していて、実際にお会いすることができて驚いた。お誘いを受けて情報オリンピックにも参加してみようと思う。予選、通るといいのだけど。


テストデータの読み込み


テストデータの読み込みについて皆さんにお話を伺ったら、意外と三者三様で驚いた。


私はCを使っていて、標準ファイル入出力関数群を利用していた。たぶん多数派だったみたいで、何人か同じ手段を選んだ人に出会えた。書いていてちょっと煩雑だとは思う。


優勝チームであるIOIOIさんなどはリダイレクトを使っていた。やはりきれいなコードになっていて驚き。


しかし、一番カルチャーショックだったのは、id:lonlon2007さんの使っていた「テストデータの内容をコピペ」という手法。確かにそれなら、前述のふたつと違いファイルをダウンロードする手間すら要らない。その発想はなかった、という感じで素直に感動した。次の機会では真似させて頂いていいでしょうか(笑


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tnzk.org/mt/mt-tb.cgi/149

コメントする

このブログ記事について

このページは、tnzkが2007年11月27日 01:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「出てきました」です。

次のブログ記事は「これから先のこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.32-ja