まさかの予選通過

| コメント(0) | トラックバック(0)



実のところ不安だったEPOCHの予選に通過していた。らしい。正直信じられないけど、Lillyといっしょに考えたなかなかのチーム名が、そこ並んでることを何度も確認した。すごい嬉しい。ありがとうございます。


145チームの応募


応募総数15都府県より145チーム(北海道からの応募はなかったらしい。がんばれ、さわおの故郷)。これはどうやら中の人々の予想を大きく上回ったものだったとのこと。


評価基準?


なんか評価基準みたいなものが公開されていた。


http://epoch.cs.ehime-u.ac.jp/images/EPOCHexplain.pdf




  • インデントや適度な改行といったコード見やすさ(ママ)

  • 変数名の付け方

  • アルゴリズムやデータ構造に対する考慮


EPOCHexplain.pdf

が主である旨書かれている(インデントはemacsのc-modeに投げっぱなしでした(笑


上記の点についてはまた後で反省しようと思う。それよりも恐ろしいことが書かれていた。



それゆえ、そういった差別化の難しいコードに関しましては、アップロードが早かったほうを上位として順位付け致しました.



うわぁ、ギリギリまで粘って改良戦法はだめだったか(・ω・`;


加えて地理的・予算的影響があったとのこと。これはLillyに助けられたとしか言いようがない(笑


ところでみんないいチーム名してんなあ……


個人的には『草ボーボーランド』さんがお気に入り。さりげなくBorlandなところが粋ですね。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tnzk.org/mt/mt-tb.cgi/134

コメントする

このブログ記事について

このページは、tnzkが2007年11月 1日 02:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「頭の中がぐちゃぐちゃしてきたので」です。

次のブログ記事は「学祭」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.32-ja