2007年10月アーカイブ



ちょっとまとめる。


SCTのほうは、



  • 当面の目標は学祭

    • 学祭では各班の展示

    • それに添えてパンフ

    • Webサイトを意味のある段階まで作っておく



  • それ以降はSEA

    • 周りの学校に挨拶



  • 並列して一年生

    • 学祭をきっかけに入ってくれる子?

    • 機関誌

    • 講習会




個人的なことは、



  • 週末にFE

  • その翌週までにEPOCH提出

  • 11月にデジタル検定2級

  • 翌年2月にJ検のシステム(基本・PGは免除)

  • 来年の4月に玉砕覚悟でソフ開

| コメント(0) | トラックバック(0)




377 名前:名無し検定1級さん[sage] 投稿日:2007/10/06(土) 19:42:46


>>350


日本はブータンじゃない。同じことをしていたチベットは滅んだ。現保護国のインドも昔植民地だった。


自国をブータン見たいにしようとしていた文革やポルポトはおびただしい死者をだして失敗した


確かに足るを知るというのは大切だ。あまりに不相応な欲求は挫折感と無気力を残す


しかし成長もまた大切。現状を維持するには走り続けないといけない


スロ-ライフうんたらは引退した団塊あたりが言い出してることなので


若い俺たちが真似すべきことじゃない。


no title

組織化の効果

| コメント(0) | トラックバック(0)



組織化の効果


月が替わりまして、テストも終わりまして、学祭が目前でして…… - I CAN ’CAUSE I THINK I CAN!で書いたとおり、U.K.くんの提言に触発されて各班にひとり班長を置くことにした。この効果が思ったより大きくてびっくりしている。


俺の負担が減ることもさることながら、各班の活動が活発なものになった。プログラムを書くことにより熱を入れ始めたように感じるし、それは日に日に進歩してくる作品からも見て取れる。この分なら何の問題もなく学祭に間に合うだろう。


あと14日

| コメント(0) | トラックバック(0)



14日って...2週間しかないですね。今回は、前回全部落としたっぽいSQLを重点的に攻めようと思う。午後を落とす気はしないから、午前の、特に暗記周りを固めないと。何とか通って、来年はみんなで一緒に会場に行きたい。


部活から帰って、一日のまとめが終わったらそっからは勉強に回そう。学校のテストもちゃんとしよう。




予選開始翌日頃からちょこちょこと進めてきてたけど、とりあえずまとまった。


問1,2は一日で出来た。特に問2は楽しかった。いじった結果が直感的に認識できる形になるのは快感だ。ゲームが楽しいのは、そういったツボを刺激するからだろう。


問3が難しかった。どう難しかったとか、どう解決したとか、あんまり公開したら中の人に悪いし、遊びとして面白くなくなるので詳細は伏せる。ゲーム作ってるときと気持ちが似てた。コードの規模がやたら大きくなった。そうじゃないほうがいいのかな?


まだ締め切りまで19日あるので、Lillyといっしょに改善していこうと思う。うまくいって、予選を通るといい。ケーキも食べたいし。




ちょっとびっくり。これで授業中暇になったら遊べるね。





いつの間にか僕の胸の中に濁った水溜りができた


思い出したくない影


沈めて隠して 見ない癖がついた


Going Down - the pillows


誰かの噂を真に受けてもいいことなんてないぜ


そんな当たり前のことつまづいて


期待外れの人ごみの中


溜息ついてずっと立ち止まってる


(中略)


乗り損なった船を忘れて自分で泳ぎだしてみれば


向こう岸はすぐ見えてくる


背の届かない川が怖くて誰かを待ってたって


進めないだろ


Curly Rudy - the pillows




Adobeは1日、ファイル共有サービス「Share」(ベータ版・コードネーム)を公開した。Adobeらしい洗練されたデザインのWebサービスとなっており、Adobe IDがあれば無償で利用できる。


Adobeらしいクールなファイル共有サービス「Share」公開:CodeZine

アップロードしたファイルのURLを教えて共有するタイプのファイル共有サービス。名前がアレと丸かぶり(仮称≒ベータまで……)なんだが、色々と大丈夫なのか?いや大丈夫なんだろうが……



  • 容量制限: 1GB

  • Open AccessとLimited Access

  • どちらもURLを知らないとアクセスできない(公開されてるファイル一覧みたいな機能はない)

  • Open Accessは誰でもアクセス可能

  • Limited Accessは指定した人だけ

幸い

| コメント(0) | トラックバック(0)



PGスキル、基本スキルともに合格のようです。嬉しいもんです。


キャパシティから溢れそうだったので今回システムデザインスキルは見送ったけど、次回受験時(に限り)今回合格した科目は免除して頂けるようなので、次回はシステムデザインスキル一本に絞れるようです。


というか、次回限定なので受けざるを得ないわけですね。商売がお上手です(笑


次回にあたる19年度後期試験は来年の2/3。出願期間は11/1~12/13なので、忘れないように。


FEの勉強でちょうどシステムデザインの内容と被るところをやるからちょうど良さそう。FEの受験日は10/21のようです。ロボコンの大会にも英検にも被ってるんですが、この日って何かあるんですか?


予選開始

| コメント(0) | トラックバック(0)



EPOCH@まつやま、予選はじまりました。だいたいどれも解けたけど、評価基準が見易さと正確さということなので、提出締め切りである10/26まで粘って改良しようと思っている。



<メンテナンスのお知らせ>


10月2日(火)13:00~15:00の間,予選システムのメンテナンスを行います.メンテナンス中は上記の予選ページへのアクセスが不可能となりますので,ご注意ください.


EPOCH実行委員会

とのこと。


素人考えながら、(中の人の)想像より予選のエントリーが多かったのかもしれない。何とか予選を切り抜けて、ケーキを食べたいものです。




というわけでテスト終わり。今週返ってくるのか?いや返ってこなくていいが……



  • 学祭のこと

  • 体制のこと


長くなったので省略。



学祭のこと


11/3、11/4と学祭。学祭では、SEAのデモと、小品はC,N班ごとでふたつ(この変遷の過程については後述)を展示する予定。この辺のことは、展示物に関して以外は詳細未定。



  • そもそも展示していいですか?(そりゃいいだろ

  • 展示するなら場所はどこ使ったらいいですか?(電算使ってもいいですか?

  • 機材はどの程度貸してくれますか?(貸してくれない場合どうしたらいいんですか?

  • ロボ/サテ/プロコンと別の場所当ててくれますか?(個人的すぎる……


以上のことについて、まず顧問に話すべきか。最終的には学生会と話つけることになると思う。それに際しての手続きとか、そういうようなことをなるべく早いうちに聞いておこう。


体制のこと


班長制

各班にひとり班長を置くことにした。班長というと仰々しいが、目的は各班の進捗を聞くときに代表者がいないとやりづれーな、というようなことだけ。だから特別責任を重くしたり、ということは当面考えてない。


んで、そうすると各班の行動は班長にまかせることになる。今まで想像したこともなかったのだけど、直接自分が関わる相手がふたりになると、随分パフォーマンスが違ってくるはず。俺はこういうところですごく頭が悪いと思う。


経緯

班長を置くことについて提言してくれたのはN班のU.K.。俺自身は各メンバーを直接俺がサポートする形で大丈夫だと思っていたのだが、前述のとおりそうしないことがパフォーマンスの向上につながるし、もしかしたら周りから見れば無理そうだったのかもしれない。10月までの活動が思うように進まなかったのは(ロボコンとの兼ね合いもあったとはいえ)ここにも原因があると考えられる。


客観的視点を持つように心がけてはいるものの、なかなか正確に把握できるものではないようだ(特にそれが自己犠牲という偽善の皮を被っていると見極めが難しい)。


改めて考えてみれば班長を置くことにメリットはあってもデメリットはない。繰り返すけどこういう根本的なところで俺はものすごく頭が悪い。その部分を補ってくれるメンバーがいることを喜ばしく思う。


ちょっとだけ問題点。G班は俺、N班はそのU.K.ということで班長が決まったのだけど、C班の班長に据えようと思っていた子に話を持ちかけたところ、あまり思わしくない反応だった。人によっては嫌がる場合もある。その辺りの兼ね合いは一考の余地あり。




一昨日くらいからか、急に寒くなった気がする。毎年秋の訪れはそんな感じ。基本的に暑がりさんなので、気温が暑いのと寒いのとの合間にあるこの時期はあんまり好きじゃない。過ごしやすいのは凄しやすいんだが、他の人は寒い寒い言うし、しかし俺は若干暑いからエアコンなり扇風機なりつけるわけで、そうするとえらい非難されるわけだ。


で、春は花粉症。夏は暑い。冬は寒い。秋もこれでは年中救いがないねぇ。何とか好きになりたいものだ。


このアーカイブについて

このページには、2007年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年9月です。

次のアーカイブは2007年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.32-ja