2007年6月アーカイブ



 情報処理学会の電子図書館とやらで、2年前くらいの論文とかを自由に読めるみたい。




 勧められて、登録して、すぐやめたTwitterを、久々に使ってみた。ブラウザから動かすとイマイチだが、クライアントソフトを使うとイイ感じです。




 画面内に入っていないエネミーなどを描画する無駄を避けるようにする。向きを設定するために算出したプレイヤーとの距離が、700.0以上であれば描画しないようにした。若干手を抜いた感じ。




 明後日くらいから、一年生にアセンブラを教えはじめることになりそう。


 うまくできるかという不安もあったが、それはあっさり吹き飛んだ。去年はMPLABを使ったていたのだが、今年はPA.EXEを採用することになったらしい。


 PA.EXEについてまったく知らなかったので取り敢えずググってみると、「よくできたアセンブラ」だとかの評判が多数見られた。それ自体は良いのだが、抽象度が上がっているおかげでMPLAB用のプログラムとはずいぶん違った風采を持っているようで、これはある程度調べとかないと恥をかくなあ、と思った。


 でもどうせそうするのならC使えばいいのになーとぐちぐち.




 のようなものが8月5日にあるようで、恐らく参加します。面白そうだなあ。


夏休み

| コメント(0) | トラックバック(0)



 もうすぐ夏休みですよ!今週は全部出席しますが、来週の水曜日と木曜日は消えてます。どこに行っているのかは秘密です。……もしかすると、火曜日も消えてます(笑




 書くにあたって気になったところが何点かあった。ノリで書くのはマズいと思ってしーぽんに確認してみたので、参考になれば幸い。


所属欄


 6.その他で「高専」と書いたら良い、とのこと。学科については1.情報処理・システム開発系で良いそうだ。


 学校名はフルネームで書かずとも、"...高専"で略してしまって構わない様子。


 一番気になった組だが、ウチに組という概念は存在しないので記入しなくていいよ、とのこと。記入しなくていいとは思いつかなかったなあ。


団体控、出願者控の"科"欄と"クラス"欄


 科の欄についてはアルファベット一文字に略して構わないそう。フルネームで書くと入りきらんもんねえ。


 クラスについては所属欄の組に同じ。何でわざわざ言い回し変えてるんだろう(笑


名前


 7月7日に名前が変わる人も、別に戸籍なりを調べるわけではないので、今の名前を書いておけば良いらしい。


通信欄


 4500円って微妙に高いよね(冗談です


del.icio.us

| コメント(0) | トラックバック(0)



 リリーに感化されてdel.icio.us使ってみようと思った。




 『最終兵器彼女』で大好きな高橋しんの昔の作品、『いいひと。』の1~9巻をまとめて買ってきた。学校とかでちびちび読もうと思う。久々に漫画を買ったなあ。


f:id:Tnzk:20070612214630j:image


 写真貼るついでに、ちょっと前に黒板にした落書き。ピカチュウと、もうひとつはよくわからん。


f:id:Tnzk:20070612214704j:imagef:id:Tnzk:20070612214729j:image


コンセプト

| コメント(0) | トラックバック(0)



 ガンダムはどうやって操縦するんだろう、と考えたことがある。


 作中ではレバーとかペダルがいくつかあるのと、スイッチなんかを使っていた。 しかし、そんなんで複雑極まるモビルスールの操縦ができようか、 というのはこれまで何度も繰り返された議論である。


 『鉄騎』はこれに対し多数のスイッチを準備するという形でアプローチしている。 ただしこれは細かな挙動を制御するものではなく、 スイッチに一定のファンクションが割り振られていて、 それを単位にして操縦する、という形をとる。


 一番リアルな答えはこれだと思う。 例えば関節部位のモーターなどを個々に操作する、というのは現実的ではないからである。 モビルスーツに比べれば極めて単純な自動車でさえ、駆動部を個々に操作するなら半年や一年の訓練ではかなわないであろう。


 抽象化してしまうということである。 どのモーターをどう回転させるかではなく、どの足を動かすか、ひいてはどちらに進むか、ということを考えるだけで済めば、 操縦は非常に容易になると考えられる。 このことは MOVLW 2; ADDLW 3; MOVWF B; が B = 2 + 3; になったのと似ている。


 ところで26のスイッチがあったとき、 各スイッチにひとつの機能をそれぞれ対応させたのでは、 26の機能しか搭載することができない。 27以上の機能を要すればスイッチを増設する必要があるし、 配置の変更も望めない。 これでは非常にメンテナンス性を欠いていると言わざるを得ない。


 そこで考えたのだが、CLIによる制御が有効ではないだろうか。 26+10のキーと、贅沢を言えばリターンキー、シフトキー、記号キー…… 要するに(笑)キーボードがあれば、無限のコマンドを搭載できる。


 問題はいちいち操作するためにコマンドを打ち込まなければいけない手間だが、 GUIの操作とCLIの操作のスムーズさを比べたとき(とっつきにくさを度外視すれば)、 後者のほうが優位にあるとする向きも少なくない(状況によって結論の変わる議論であるが)。


 そこで『Irene』(『アイリーン』)では、CLIによって操縦するロボットと、 加えてそれを駆っての交戦をシミュレートする。 本当ならばロボコンでハードからやりたかったが、どうせ操縦担当者にボロクソ言われるだろうから、 せめてバーチャルなところででも試してみたいというものである。


久々に

| コメント(0) | トラックバック(0)



 08小隊を観ました。0083を観ました。エヴァを観ました。


 やっぱり俺はロボットで暴れたいです。せめてバーチャルでもいいから。俺が3Dをやろうと思ったのはたぶんそれが原因です。


| コメント(0) | トラックバック(0)



http://www.chukkysoft.com/kyo-n/archives/000502.html


 でもネットワーク系のコードってどうやってデバッグやんだろう。二台使うか誰かに手伝ってもらうか。自分の二台だと環境が似通ってしまいがちなので、誰かに手伝ってもらうほうが良さそうかなあ。


| コメント(0) | トラックバック(0)



一級合格でした!何かこのまま秋期FEも行けそうですよ?


このアーカイブについて

このページには、2007年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年5月です。

次のアーカイブは2007年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.32-ja